贅沢しない幸せ生活 HOMEへ戻る

☆ひと月1万円の男・浪費編☆

私の旦那である「あかた」は、1万円のお小遣いでひと月暮らす男である。
1万円と言っても、職場の部会費@千円を含んでいるので厳密には9千円。
可愛そうに思われるかもしれないが、本人には全く不満がなく、むしろ、お金使いまくり時代より、現在の方が幸せだと言い切る。

そんな旦那「あかた」だが、元からこんなにお金のいらない男だったのではない。
上にも書いているが、数年前まではお金使いまくりの浪費家だったのである。

旦那「あかた」が、浪費家から現在のひと月1万円の男になるまでの軌跡を、余すところなくお伝えしようと思います。


■実家パラサイト時代

旦那は、ある程度裕福な家の末っ子として生まれた。
何不自由なく成長し、実家から通える大学に入学。
バイトに励み、月10万円以上稼ぐ月もあったが、実家通い学生の気楽さで、貯金は全くせずキレイに使っていた。
使い道は洋服や飲み代、私とのデート代。(^^;)
それに親子で趣味にしていたパチンコ。


■パチンコ狂時代

社会人となり、バイト時代以上の収入を得るようになった旦那。
実家に一定の金額を入れて、残りは全て飲み代とパチンコ代。
この調子では結婚資金がたまらないと、私が強制的に貯金をさせた。

結婚後、飲みに行く回数は減ったものの、休みの日はパチンコ店通い。
ちなみに結婚当初の旦那のお小遣いは@5万円。
それなのに1日に6万円負けて、私に土下座で謝ったことも(^^;)

痛い目に遇う度に「もう止める!」と言うのだが、そんな誓いはすぐ忘れ、またまた行ってしまう、困ったヤツでした。
旦那曰く、当時は、お小遣いを増やそうとパチンコにつぎ込み、減ったお金をどうにかしようとまたつぎ込み・・・という悪循環に陥っていたそう。

根本には、月5万円のお小遣いでは足りないという、金欠思考があったのです。


贅沢しない幸せ生活 HOMEへ戻る  ひと月1万円の男・前半戦へ