保育園生活について!
あかたのブログに、mayoさんから頂いたコメント。

「早速ですが、質問がありまして・・・。
それは子供費のことなんです。
HPを拝見させてもらったのですが、
保育所代がいくらかわからなかったのです。
まゆさくさんと同じく育児休業を取得した私にとって、保育所にいくらかかるかが大問題なんです!(→大袈裟だな)
育児休業は一年なので、あと半年もすれば、保育所に預けなければなりません。
でも、すっごく悩んでいます。
仕事を辞めて子供と一緒に居るのが一番ではないのか?
プライベートな質問ですが、よろしければご回答お願いします。」


今日はこのコメントに、私なりにご回答したいと思います。
mayoさん以外のプレワーキングママさん達の参考にもなればいいな^^


まず、保育料ですが、0歳児保育の昨年度、長崎市の認可保育園で、

47,000円でした。

↑私立大学に行けるじゃん!とみんなに驚かれてますが(笑)
前年度の収入で決まるので、共働き夫婦だとどうしても、このくらいになるみたいです。
(保育料は自治体によって違うようですので、mayoさんのお住まいの地区の保育料は自治体にお問い合わせ下さいね。)

この保育料、高いか安いかと聞かれたら、そりゃあ高いなーとは思いますが、
私は、大事な自分の子供を預けてるのですから、ある程度の負担は当然だと思っていますよ^^


続きまして、
「仕事を辞めて子供と一緒に居るのが一番ではないのか?」

保育園に預け出す前って不安ですよね、よーくわかります!

でも、うーん、これは、各々で違うと思いますよ。
全親子に当てはまる「これが一番!」というパターンはないと思います。

ただ、私がこの半年間、アルファを保育園に通わせてみての経験をお話しますと・・・

決まった生活リズムで過ごせる保育園は、子供にとって、とても良い環境だと思います。

家で過ごしていると、子供を親のペースに合わせる時がどうしてもありますよね。
預ける人がいないと、買い物や遠出にも連れて行かないといけないし。
そのせいで、お昼寝や食事の時間がずれたりしませんか?

その点、保育園生活は恵まれていると思います。
毎日決まった時間にお食事、お昼寝、外遊び。
ダラダラ食べの習慣も、夜更かしの習慣もつきません。
これは、家で過ごしていたら、私には無理だったんじゃないかな・・・と感じてます。

もちろん、親の愛情はとっても重要だと思います。
でも、一緒に過ごす時間が短くても、愛情を十二分に伝えることは可能かと。
親の工夫と努力次第だと思います。

それに、この世の中に存在するのは親の愛情だけではありません。
保育園に預けて働くとなると、いろんな方の手を借りる必要があります。

でもそのおかげで、保育士さんに、親戚、友人、ご近所さん、たくさんの人と接して、いろんな人から愛情をもらえます。
このことは、アルファにとっても私達にとっても、とても素晴しい財産だと思っています。

確かに、アルファの体調が悪くて辛そうにしている時なんかは、仕事を辞めてずーっと一緒にいてあげたい・・・なんて衝動にかられますが、
数日でケロッと元気になって保育園に通い出すアルファを見ると、私の感傷もケロッと消えてしまいます(笑)

あくまでもこれは私の経験からの回答ですので、あまり参考にならなかったらゴメンナサイ。
でも、案ずるより産むが易し、保育園も、案ずるより預けるが易し、です。
仕事も保育園も、いつでも辞められるのですから、可能な限り選択肢を持ち続けていてはどうかな!と思います。
ランキングに参加中♪1クリックで応援して下さると嬉しいです!





無料で最大8枚までCD、DVDがレンタルできます!




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mayusaku.chu.jp/mt/cgi/mt-tb.cgi/1576

コメント

コメントしてください。コメントは、管理者の承認後に反映されます。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

<<連休お楽しみ中 カルチャーショック!?>>
<<絵本で親子愛 カルチャーショック!?>>
旬のお得な情報
プレゼントやバーゲンセール
ネットショッピング
ネットショップはメリットがいっぱい!最近のお買い物
管理人おすすめグッズ
紹介後に反響の多い私愛用の品
P1040526.JPG
好評!!ルイボスティー

P1020937.JPG
安いのに安っぽくない靴!!

at11.jpg
見た目年齢に差をつける!アテニアの基礎化粧品

ビューティー&ヘルシー
節約中でもお得に美しく&元気に
ビューティー&ヘルシー<食>
やすうまグルメ&お取り寄せ
あわせて読みたいブログパーツ
ブログパーツ
贅沢しない幸せ生活 HOMEへ戻る
■このサイト内の画像・文章の無断転写を禁じます。 Copyright(C) 2004-2007 mayusaku All right reserved